水素について

 水素は私達の身近にある水H2Oを構成する元素です。水を科学的に分解すると水素を取り出すことができます。水素はとても優れた還元力を持っており、優れた抗酸化物質とされております。水素は人間の体内構成元素であり、エネルギー源とされます。また、厚生労働省が認可している添加物でもあります。「活性水素」という言葉は造語・俗称で、電気分解で生成された水に含まれるとされるOH-またはH+のことで表されます。
-------------------------------------------------------------------------------------
 一般に水素(及び活性水素)をより多く摂取することにより、活性酸素を取り込んだ身体がより還元されるといわれます。
<より詳しく>
 水素(Hydrogen)は原子番号「1」で最も軽い元素であり、電子一つと陽子一つからできています。水素分子「H2」も最も軽い分子であり、通常は無色・無味・無臭な気体で、冷却していくと液体や固体にもなります。ただし、液体になる温度は−252.9℃、固体になる温度は−259.1℃と想像できないほど低温です。 また、水素を日常で摂取することは難しいと考えられておりました。
 水素は私たちの身近にある水H2Oを構成する元素でもあります。 水を化学的に分解すると水素を取り出すことができます。
 さらに、水素はとても優れた還元力を持っており、優れた抗酸化物質とされております。 水素は人間の体内構成元素であり、エネルギー源ともされます。
また、厚生労働省が認可している添加物でもあります。
活性水素とは…
「活性水素」という言葉は造語・俗称で、電気分解で生成された水に含まれるとされるOH-またはH+のことで表されます。