Site Overlay

PHについて

pHは Potential for hydrogen の頭文字です。potential は電位を、hydrogenは水素を意味します。pHは溶液中の水素イオン濃度(水素イオンの酸性度)を指数化したもので、その濃度を範囲 0~14で示し、数値が小さいほど酸性、大きいほどアルカリ性となります。

一般に水はアルカリ性であると身体に良いといわれますが、濃度が高すぎると逆に良いといえないようです。7.0~9.0は良い範囲といわれます。

<より詳しく>
 pH=7のときが中性もしくは化学的中性点といい、7以下が酸性、 pH7以上をアルカリ性とされます
水素イオン濃度を[H+] mol/Lで表すとpHは以下のように定義されます。
     pH=-log[H+]
水のイオン積Kw=[H+]×OH-]は温度一定なら一定値となります。
     [H+]=[OH-] のときを中性と定義します。
     [H+]>[OH-] のときアルカリ性と定義します。
     [H+]<[OH-] のときアルカリ性と定義します。
従って中性のpHは以下のとおりとなります。
     Kw=[H+]×[OH-]及び[H+]=[OH-]から[H+]=(Kw)の1/2乗
     ∴ 中性pH=-log[H+]=-log(Kw)の1/2乗

Kwは温度の関数であり、以下のように中性pHは温度により変化します。

<補足>

酸性は、酸味を有します。

アルカリ性は灰汁(あく)の様な舌をさす味を感じ、
指で触るとぬるぬるして石鹸に似た感触があります。
また、水に溶けている物質によってもpHは変わります。

                         

  <水の百科事典より>

化学物質単独で考えると、酸の代表は塩酸、塩基の代表は水酸化ナトリウムです。(水酸化ナトリウムの方が危険です)
日常生活を考えると、ほとんどの人がアルカリ性洗剤を使用し、酸性であるレモンを食べています。
周知のとおり、これらは一般的には危険というほどではありません。

しかし、それらを口にする場合は少し危険度が増してきます。酸またはアルカリに偏った食生活は危険です。バランスのとれた食生活が最も大切となります。