Site Overlay

水素について

水素は私達の身近にある水H2Oを構成する元素です。水を科学的に分解すると水素を取り出すことができます。 水素はとても優れた還元力を持っており、優れた抗酸化物質とされております。
水素は人間の体内構成元素であり、エネルギー源とされます。
また、厚生労働省が認可している添加物でもあります。
「活性水素」という言葉は造語・俗称で、電気分解で生成された水に含まれるとされるOH-またはH+と表されます。

一般に水素(及び活性水素)をより多く摂取することにより、活性酸素を取り込んだ身体がより還元されると言われます。

<より詳しく>
水素(Hydrogen)は原子番号「1」と最も軽い元素であり、電子1つと陽子1つからできています。
水分子「H2」も最も軽い分子であり、通常は無色・無味・無臭の気体で、 冷却していくと液体や固体にもなります。ただし、液体になる温度は-252.9℃、固体になる温度は-259.1℃と想像できないほど低温です。また、水素を日常で摂取することは難しいと考えられておりました。

<お飲みいただくにあたり>
水素の性質上、製造後の溶存水素は時間経過と共に減少していきます。溶存水素量の現象が小さい製品は優れているといってよいでしょう。
これは、製造時の数値に惑わされがちな水素水における判断基準の重要なポイントとなります。 

こちらの商品は御注文いただいてから製造し、発送対応させていただいておりますが、御手元に届いた後には、是非お早めにお飲み頂き、溶存率の多いうちに御摂取ください。
なお、お奨めする目安としては到着後14日以内ですが、より早い方が良いとされます。

またそのため、御注文は1~2箱単位にしていただくことで、より良質で経済的な御注文となることでしょう。
大量にまとめての御注文は、御飲料時に低質となるとともに非経済的にもなり、お奨めいたしかねます。